遺伝

WAGR症候群(11p13欠失症候群)の遺伝子欠失のほとんどは、新規に発生したもの(de novo)とされています。 両親のどちらかから受け継いだとか、妊娠中何かが悪かったなどというわけではなく、ある一定の確率で偶然起きてしまうものと考えられています。
なぜ11p13領域に欠失が生じるのかなどの原理はわかっていません。
希望に応じて、専門家の遺伝カウンセリングを受けることができます。

by Madoka Hasegawa

ご不明な点は、JWSA医療・患者登録担当 長谷川まどか(m-cho◎gk9.so-net.ne.jp)(送信の際◎を@に変更してください)までお問い合わせください

ページの先頭へ